So-net無料ブログ作成

がん死亡率が減少

がん死亡率、順調に減少―厚労省が対策中間報告書

6月16日13時5分配信 医療介護CBニュース
 厚生労働省は6月15日、「がん対策推進基本計画」の中間報告書を公表した。2007-11年度を対象にした同計画では、75歳未満の「年齢調整死亡率」の20%減少を今後10年間の全体目標として明記しているが、08年は05年比で5.6%減少していた。年に約2%減少しており、同省がん対策推進室では「順調に減少している」との見方を示している。

 一方、死亡数は、75歳未満は05年が16万4553人、08年が16万192人で約4000人減ったのに対し、75歳以上は05年が16万1373 人、08年が18万2748人で約2万人増えた。報告書では、老化に伴うリスクを補正した「年齢調整死亡率」だけでなく、死亡数の推移も75歳未満と75 歳以上に分けて常に提示する必要があると指摘している。

■検診受診率「予断許さない」
 がん検診の受診率については、11年度末までに50%以上に引き上げることを目標としていた。04年と07年の国民生活基礎調査を比較すると、胃がん、肺がん、大腸がんの検診受診率は増加傾向を示しているが、07年は男女ともに20-30%台。また子宮がん、乳がんの「女性特有のがん」は小幅の増加で、 07年は20%台前半にとどまった。
 報告書では検診受診率50%の目標について、「これまでの対策のみで達成できるかどうか、予断を許さない状況」との認識を示した上で、がん対策推進協議会などの関係者の意見を聞きながら、受診率の向上のため一層の努力を図る必要があるとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000001-cbn-soci


がん死亡が減少、検診受診率は低迷 厚労省が中間報告

がん死亡率:3年で5.6%減少 トピック一覧へ がん死亡が減少、検診受診率は低迷 厚労省が中間報告 生活習慣病の医療費が4年間で10%増 【練馬区】 【人口動態統計】 心疾患による死亡が年々増加 川柳「脱メタボ・メタボ予防」で健診受診率を

>> More

がん死亡率、順調に減少―厚労省が対策中間報告書

厚生労働省は6月15日、「がん対策推進基本計画」の中間報告書を公表した。2007-11年度を対象にした同計画では、75歳未満の「年齢調整死亡率」の20%減少を今後10年間の全体目標として明記して

>> More

胸部CTによる肺がん検診、2回の検査で偽陽性率33%。

低線量胸部CTによる肺がん検診は、ランダム化比較試験で肺がん死亡率を減少させる効果が確認されていないにもかかわらず、一部で宣伝され実施されている。今回の研究は、胸部CTと胸部単純X線による肺がん検診の効果を比べる

>> More

ビタミンミネラルによるがん死亡率低下作用

ビタミンとミネラルを含むサプリメントを健常者に投与し,がん死亡率および全死亡率への影響が解析されています。 (Supplementation en Vitamines 男性において,サプリメント投与群では,全がん罹患率が31%減少していました(RR 0.69 95%CI, 0.53-0.91])。

>> More


nice!(21)  コメント(1)  トラックバック(2) 

nice! 21

コメント 1

ゆうのすけ

初めまして!御訪問・nice!ありがとうございます!
by ゆうのすけ (2010-06-20 02:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。