So-net無料ブログ作成
検索選択

褐色細胞腫を早期発見できる診断薬

副腎内側のがんを早期発見 原研と群馬大が診断薬開発

日本経済新聞 2010/6/22 1:10

 日本原子力研究開発機構と群馬大学は21日、副腎内側のがん「褐色細胞腫」を早期発見できる診断薬を開発したと発表した。有機化合物と放射性同位元素(RI)を組み合わせたもので、動物実験で最小2ミリメートルの腫瘍(しゅよう)を検知することに成功した。今後は実用化を目指し、ヒトに応用した場合の安全性などを検証する。

 原子力機構・RI医療応用研究グループの石岡典子リーダー、群馬大医学部の遠藤啓吾教授らの共同研究チームが開発した。7月初旬に米国核医学会の専門誌(電子版)に掲載される。

 研究チームは、褐色細胞腫がある有機化合物を取り込む作用に着目。この有機化合物と放射線検査に適した放射性同位元素「臭素―76」を組み合わせた。

 ネズミを使った実験では投与した後に画像診断装置で撮影すると、最小2ミリメートルの腫瘍を発見できた。遠藤教授は「ヒトでも最小5ミリメートルまで検知できるようになる」と話している。

 褐色細胞腫は副腎の内側にある「副腎髄質」に発生するがんで、国内の患者数は約2500人という。

【キーワード】
早期発見、遠藤啓吾、褐色細胞腫、群馬大学、日本原子力研究開発機構、診断薬開発、副腎内側、がん、原研、有機化合物、RI、放射性同位元素、診断薬、研究チーム、発見、動物実験
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819490E0E3E2E1EA8DE0E3E2E4E0E2E3E29EE0E3E2E2E2;p=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E6;o=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2

胃カメラ挿入しやすいマウスピース。

河原助教は「マウスピースは、両者のメリットを生かせるようにしており、食道・胃がんの早期発見、治療につなげてほしい」と話している。 内視鏡検査は、口から先端に直径約1センチのカメラが付いた内視鏡をのみ込むか

>> More

癌予防の為に早期発見。

また 肝臓がん治療 の 代替療法 として 粉末状の カバノアナタケ を摂取されている知り合いもいます。 いずれにせよ、癌にならない健康的な体を作ることが一番大事。 癌になっても早期発見により早い段階で 癌 治療 を受けられるよう

>> More

今週の医療・介護テレビ番組情報

30年 NHK教育 20:30~20:45 きょうの健康 乳がん 再発・転移をおそれない - 再発にどうかまえる NHK教育 21:30~21:55 教育 18:00~19:00 TVシンポジウム 認知症 早期受診・早期発見の時代(仮) NHK教育 19:30~19:45 ろうを生きる・難聴を

>> More



自宅でできるがん検査で早期発見!高度な検診が郵送で簡単に!がん検査キット 3大用セット

病気は早期発見が決め手だと分かっているものの、病院に行く時間がないし、怖い…。
そんなあなたに自宅でできる検査キット!自宅で検体を採って郵送で検診する画期的システム。
高度な検診で健康をサポート!セット内容封筒・検査申込書・採血用濾紙セット・喀痰細胞診用容器・便採取用容器製造国日本≪お取寄せ商品につき1週間ほどお時間を頂戴いたします≫

 


nice!(23)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 23

コメント 1

tamatora

はじめまして。
難しいです。
by tamatora (2010-06-23 01:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。