So-net無料ブログ作成

iPS細胞が注目されている!

◆科学医療
iPS細胞 少量の血液で作る

体のあらゆる組織や臓器になるとされ、再生医療への応用が期待されるiPS細胞を、わずかな量の血液から作り出すことに慶応大学などのグループが成功しました。実用化に向け、小さな負担でiPS細胞を作る技術として注目されます。
07/02 04:20
http://www3.nhk.or.jp/knews/20100702/k10015488611000.html

iPSの今〈1〉「初期化」遺伝子増やす?減らす?

一方、簡単に採取できる髪の毛や血液からiPS細胞ができたとの報告もある。しかし、作製自体が困難なうえ、効率も極めて悪いという。1本の髪からできれば理想的だが、今のところ現実的な選択肢ではなさそうだ。

>> More

iPS細胞、大量培養に成功。厚生労働省、他人への使用認め ...

iPS細胞 の性質や安全性など研究しなければいけないことは多いが、再生医療に向けてまず第一歩となる」と述べた。 現行の指針は、血液のもととなる造血幹細胞などの「体性幹細胞」を対象としており、さまざまな細胞に

>> More

献血が不要になる?

iPS細胞使って血液できた マウス体内で幹細胞作製 まだまだマウスの段階ではありますが、この記事の技術が人間に応用されるようになれば、輸血が不要になり、ひいては献血が不要になるかもしれません。

>> More

iPS細胞使って血液できた マウス体内で幹細胞作製

別のマウスに移植して実際に血液を作らせることに東京大の研究チームが成功した。iPS細胞を体外で人工的に培養して作った従来の造血幹細胞は、生体に移植しても定着せず、血液を作り出せなかったという。白血病など血液の難病の治療に一歩近づく成果だ。

>> More



iPS細胞ヒトはどこまで再生できるか?

田中幹人日本実業出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年06月登録情報サイズ:単行本ページ数:251pISBN:9784534043849再生医療の切り札といわれている「ヒトiPS細胞」とはいったい何か、どんなことができるのか?最先端の研究成果を、予備知識のない一般の人にもわかるようにやさしく解説します。
元研究者である当代きってのサイエンスライターが、世界初のiPS細胞の作製者である京都大学の山中伸弥教授を直接取材してまとめます。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)多能性幹細胞、万能細胞とはいったい何?iPS細胞をどうやって作るの?クローン人間、不老不死は実現する?日本の研究体制で世界と勝負できる?知財・特許戦略に抜かりはない?再生医療をめぐるさまざまな問題に答える。
【目次】(「BOOK」データベースより)1章 多能性幹細胞とはいったい何か/2章 「ヒトiPS細胞」誕生/3章 iPS細胞でガラリと変わる再生医療/4章 再生医学研究を成功させるための課題/5章 再生医療は未来の社会をどう変えるのか/終章 再生医療はいつ実現するか【著者情報】(「BOOK」データベースより)田中幹人(タナカミキヒト)1972年、静岡県浜松市生まれ。
早稲田大学政治経済学術院ジャーナリズムコース講師。
97年、国際基督教大学教養学部理学科卒業。
03年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。
学術博士。
03年、国立精神・神経センター流動研究員。
05年、早稲田大学大学院政治学研究科・科学技術ジャーナリスト養成プログラム助手。
08年より現職。
学生時代からライターとして活動し、現在は大学に籍を置いて科学技術コミュニケーションの研究・実践と教育に携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。
本 > 科学・医学・技術> 生物学

 


タグ:iPS細胞
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。